2014年03月31日

『イチの話』猟犬A

去る3月18日カレンダー
私達夫婦は自らの不注意により、イチを見失った…

夜/流れ星何時もの様に『奥様』が餌を与える為に納屋へ行くと…
『イチ猟犬』が居ない…
首輪と鎖を繋いでいた金具が、まるで人間の手によって外されたかの様に…

私は仕事帰りにスーパーで買い物中に『奥様』より連絡を受けたメールする
帰路、あらゆる可能性を考え車を走らせた車
車から降り、雪山を掛け上がり、夜中まで探した…


高齢で体力も落ちている、「そんなに遠くには…」…
そう考えたが見当も付かない…


結局、『イチ猟犬』を見失ったまま…

その日から『奥様』は毎日、私は休みを利用し、『役場』『管理センター』『保健所』『警察署』『交番』『派出所』『駐在所』Etc.Etc.…
思い付く限りの届け出を近郊市町村に行い、『奥様』が作った貼り紙を人の集まりそうな場に協力を得、貼って貰った…

何一つと手掛かりは無い…




3月23日カレンダー
作業中に『奥様』から連絡…

メールする「近隣住人から、●●さんの家の車庫で犬が死んでるから確認して欲しい…」との知らせを受けた『奥様』が確認したところ…
「『イチ猟犬』だった…」…



18日の夜に、その御宅の車庫に入り込んでいるのを住人の方が確認していたそうです…
衰弱していて、「朝までもたないかも…」…そう感じたそうです…


その御宅は、私の家から見える範囲に有る御宅で…
18日に探していた時に『敷地』に足を踏み入れました…うっすら残る雪の上に、動物の足跡を見付け足跡(犬)その『敷地』まで行ったのです…その時に何処かで、犬特有の甘えた様な、寂しい時の様な、声を聞いた気がしました…

でも、その御宅にも犬が居て、その時は何時もの場所に繋がれては居らず、夜は奥の納屋か何処かに入れているんだな…
其所で鳴いてるんだろうな…そう思っていました…


後に成って考えると『イチ猟犬』の声だったのかも知れません…

私が探しに行った時には既に『イチ猟犬』が居たのですから…
只、夜遅くの時間に腕時計しかも他所様の敷地内を、余りウロウロする事も出来ず…
その場を後にしました…


私は『イチ猟犬』の声も聞き分けられない…
駄目な『飼い主』何ですね…



帰宅すると『奥様』が『イチ猟犬』の体を拭き、綺麗にしていてくれました…


18日の夜に居なくなり…19日の未明には既に息絶えていた『イチ猟犬』…
23日の夕刻、我が家へ戻りました…


会社で連絡を受けてからメールする帰宅するまで続きを読む
posted by 茶太郎 at 21:42| Comment(0) | 『動物』の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『イチの話』猟犬

我が家のハスキー擬き『イチ猟犬』は、前オーナーに見捨てられた犬だった…

シベリアンハスキーとシェパード(セパード)のMIX猟犬プラス猟犬猟犬…それは後に成って、前オーナーに『イチ猟犬』の親犬を譲ったブリーダーに聞いた話だ…

夜逃げした家家
其所に「犬が取り残されている…」…そんな噂を聞き、その家の大家(持ち主)に直談判の末、家財道具やゴミの処理をする条件で『家家』に入る許可を得た…

事業をしていた『その』家は家広い敷地に幾つかの倉庫等が有った…

『取り残された犬』…それが単なる『噂』なら、それはそれで良しだOK!2

家財道具等は全て処理して良いが、『使えそうな物』『売れそうな物』は自由にして良いとの話だった…


家の中は吐き気を催す程の悪臭…『猫』の死骸…生存していた『猫』2匹猫猫
この猫は『当時』私が借りていた家の『大家さんおばあさん』がリリース猫の餌付けをしていた為にソチラに託した平謝り

薄暗い倉庫の中、多くの機械類や道具…その奥に『犬』は居た…
目の前には大きな器にドライフードと水…
そんなに古くはない…

前オーナーか?その他の誰かか?
家の中に『猫』2匹が生存していた事同様、誰かが餌をやりに来ていたのだろう…

だが…倉庫には、既に白骨化した『犬』…腐敗途中の『犬』…原形を留めず『犬』と思わしき塊…ほんの少し前に息絶えたで有ろう『犬』…
『イチ猟犬』以外の数頭の犬が居た…

何故、『イチ猟犬』だけを生かしたのか?生かされたのか?
私には知る術は無い…

因みに『イチ』と言う名は、前オーナーが付けたらしく、私には由来は解らない…


家財道具等の売り捌けそうな物を売り(猫の糞尿やカビ等で、高価な家具類等の殆どがゴミにしか成らなかった…)分別したゴミの処分費を捻出羽のはえたお札

長い時間を費やし腕時計空き家の清掃を行い、私達夫婦が手にしたのは『ほんの』僅かな金銭と『イチ猟犬』だった…


幾度となくblogでは語っているが、私は動物との共存を望んでいる訳ではないNG只、自分の行いに結果『共存』が着いてきただけだ…
その時、既に我が家にも猫が居たから余計に『イチ猟犬』は、又金が掛かる『厄介者』以外の何者でも無かった…


実際、連れてきて直ぐに『血尿』…
獣医師から告げられた病名は『子宮蓄膿症』…不妊手術をしていない高齢動物が成りやすい疾患…

しかも『末期』…破裂寸前まで膨れ上がった子宮…


「連れてきたばかり…」…続きを読む
posted by 茶太郎 at 19:30| Comment(1) | 『動物』の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

『パートナー』犬(プードル)歩く人

冬の長い『北の大地』も地図漸く『春花見(さくら)』が近付いてきたらしいうっしっし(ネコ)とは言え、我が家の前には未だ3m近い雪の山が鎮座する…


さて、『パピーウォーカー』を御存知でしょうか?まぁ私のblogを訪れて下さる方々は知っていて当然でしょうか?

視覚障害の方の重要な『パートナー』と成る『盲導犬犬(プードル)「!!」その予備軍で有る子犬を預かり、盲導犬としての訓練を受けるだけの資質を磨きスパーク2(キラリマーク)様々なルールを覚えさせる重要な役割を果たす『預かり』ボランティアの事だ人差し指サイン(合ってます?)

現在この『パピーウォーカー』の成り手が不足している…

私なりに『この』理由を推測してみるむしめがね

先ず『環境』然りで有ろう人差し指サイン
当然の事ながら『家族家族』が総出、一丸となり努めなければいけない!
その為、娯楽や趣味での外出は(犬を残さなければ駄目な状況)出来なくなるNG

人間と常に共にする『盲導犬犬(プードル)!その為に室内飼養が必須条件で、室内でも『玄関先』だけ等は論外と成る「!!」

人間界の様々な『音』や『環境』、又『自然』等に触れ、馴らす必要も有る人差し指サイン

そして『ルール』だ「!!」
生後50~60日程の『仔犬』だ、様々な物に興味を示し『ジャレ』たり噛んだりもするだろう…然し、時にはキツク『叱る』必要も有る訳だ怒り(ムカッ)


一年程の期間を経て、訓練を受けるに値する『犬犬(プードル)』と成れば当然『別れ』も来る雫(涙・汗)預かりボランティアとすれば至極『当たり前』な事だが…


私は私なりに『それ等』を考えてみたが、仮に迎い入れる『環境』がクリア出来たとしても(他に室内飼養の『犬』が居ると駄目らしい、が『猫』の多頭飼いはどうなの?)私には『無理』だわ…

幼少期、自由に『らしく』生かす事が出来無い(制限される)、多分それは『どの種』の動物でも同じだと思うが、犬は犬としてのルールを、生まれ持った血により学ぶ時期…当然『エゴ』で学ばせる事も有るのだが、それよりも遥かに多くを学ばせなければ成らない…

勿論『それ』が有って初めて『盲導犬犬(プードル)』と言う重要な役割を持たす事と成るのだが…それは理解出来る!イヤ、頭で理解しようとはしている…

だが、もし仮に『自分』が、その役割を担わなければと考えると…ヤハリ私には『無理』だ…

『狡い』のかも知れない…
イヤ『それ』を出来る人間が行えば良いと思う私は間違いなく『狡い』のだ…

然し、現実に成り手が少ないのは、こう言った事が『要因』では無いのか?と考える…

当然『その』先続きを読む
posted by 茶太郎 at 21:16| Comment(0) | 『動物』の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。