2014年04月18日

『記憶…』目がまわる時の記号

『忘れる』では無い…
『薄らぐ』事、それが『嫌』『怖い』…

私の『奥様』の言葉だ…

『イチ猟犬』が死んだ後、余りの辛さに納屋へ足を運ぶ気にも成らなかった…

『クロ子猫』が死んだ後、猫部屋の清掃が辛く気が重かった、他の個体と接する事が申し訳無い様な…

日を追う毎に『それら』が薄らぎ、日常に戻りつつ有る…

『それが』嫌だと…


確かに解る…私も同様だ…然し『薄らぐ』事は致し方無い事だとも思う…

単頭飼いなら『そこ』で潰れ立ち止まるのも良いだろう、然し私達に『それ』は不可能な事だ、そして『薄らぐ』と言う事は『イチ猟犬』や『クロ子猫』が私達の側を少しずつ離れている証ではないかと私は考える…

折角『楽』に成った体だ、何も考えず縛られず自由に行けば良い、疲れたら戻れば良いのだから…


私は多分、『奥様』より早い段階で『薄らぎ』を感じていた…冷たいのかも知れない…私が仕事で留守の間、一所懸命に世話をしてくれるのは『奥様』だ平謝り愛情が桁違いだろう…

私は『イチ猟犬』や『クロ子猫』に出来なかった事、してやれなかった事を『次』へ繋ぎたいと考えている…その事を『奥様』に話せば、きっと良い顔はしないだろう…日も未だ浅い…然し、日数だけが重要だろうか?

正直、解らない…


でも、暫くは『このまま』だろう…
posted by 茶太郎 at 12:33| Comment(4) | 『エゴ』横目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共に歩んだ時間や悲しみなど、沢山の想いが「薄れる」事を拒否させるのでしょうか?

生真面目なご夫婦だから、2匹の最期に複雑な想いを抱かれているのでは?

「薄れる」ことを恐れては、2匹が心配して成仏できなくなりますよ?

忘れる訳ではないのですし、あまり深く考え過ぎてはいけません。

成仏を願い、残っている命に対して、2匹のぶんも愛情を注いであげてください。

私はそれが亡くなった2匹の弔いになると思います。

Posted by チベットのトマト at 2014年04月20日 21:36
本当に優しい、真面目な奥様なんですね。時間が薬という考え方もありますよ。しばらくは、心も身体もダメージが大きいです。ご自愛くださいね。

私は、まこが成仏できないと言われて、辛い記憶だけを思うより、楽しかった思い出を、可愛かった思い出を考えています。もう、何年も引きずって生きています。体調も悪いまんま。

まだお若い茶太郎さんご夫妻には、楽しいと思える生活を送っていただきたいです。
Posted by まこまま at 2014年04月21日 09:29
奥様の、お気持ち、わかります。茶太郎さんの、おっしゃることも、わかります。お辛いでしょうね。(ノ_・。)今、お家に、二匹は、いると、想います。無理に、記憶から、消し去る必要はないのではないでしょうか。納屋に、入るときも、「いち、おはよう。今日は、天気だよ。散歩しておいで。ご飯、食べたか?」等々、話しかけてあげれば、いいと思います。黒子ちゃんにも、同様にしてあげたら、いいのでは?二匹は、お空と、お家を、自由に、行き来していると、思いますよ。どうぞ、お体、ご自愛くださいね。
Posted by 夢猫 at 2014年05月04日 00:14
気にかかっておりました。チベトマサンノ、コメラン、見て、少し、安心いたしました。いろいろ、悩んでおられるのですね。何も、お役にたてず、ごめんなさい。早く、元気に、なられますように。
Posted by 夢猫 at 2014年07月19日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。