2013年01月29日

『今だから…』丸秘C

image/2012-10-11T12:19:58-1.png


自己紹介の続きですよ泣き笑い(ネコ)

『茶太郎』を失った時に決めた事、だから私は『人間界』や『動物界』に馴染めない動物に長く手を掛け付き合うよりも、ある程度の『ケア』を行った後に『リリース』等の選択を行えば、又違う『茶太郎』を救う事に繋がると考えます「!!」

勿論『世話人』の居る場の『リリース』とは言え、『事故車』の危険性!『野性動物』、『疾患』等の危険は付き物です…
ですから『リリース』の後に直ぐに『命光るハート』を失う可能性も有るのです雫(涙・汗)

然し、だからと言って『全て』の動物を手元に置ける訳では有りませんNG
考えは『遺棄』と変わらないのかも知れません…然し、『増える』事は防げます、『一代』限りかも知れませんが長生きする猫も居るのです人差し指サイン

何よりも『多産』や『近親交配』を防げるのです人差し指サイン



『猫被害「!!」』騒ぐ人間も居ますが、『猫』にすれば自分は人間の『被害者「!!」』と言う事に成ります人差し指サイン

『茶太郎』も間違い無く『身勝手』な人間の被害者です…

『猫被害』『猫被害』と騒ぐ人間は『それ』を理解出来ているのでしょうか?


私の『奥様』は、『まろん栗』の産んだ『子』を人工飼育し失いました…
『まろん栗』は『餌やり』の方が餌付けして居た猫で『一族』で暮らしていました家族この一族も保護する予定でしたが色々と有り…(詳しくは過去のblogで平謝り)
『まろん栗』を保護した時は既に腹が大きく、『近親交配』の危険性が高かったのです…

産まれた『子』は2匹、1匹は直ぐに…もう1匹は『まろん栗』が噛み付きましたびっくり

恐らく『生きる』事が出来ないとの『判断』だったのですね…

只、その頃の私は『まろん栗』の行動が恐ろしく悲しいと感じただけでしたが…

その『子』にシリンジで授乳をし、世話をしてくれたのは『奥様』でした…

元気が無くなりグッタリした『子』を病院へ運びましたが病院車の中で息を引き取りました…

もう息をしない『子』を隅々まで丁寧に診察してくれたのは、現在『空太』が御世話に成っている病院で病院時間外の診察にも関わらず『診療費』も取らず、次の日には花を届けてくれました花束


その後に『ミルク』の産んだ『子』1匹がヤハリ直ぐに『命光るハート』を落としました…

全て『身体』が弱かった…その原因を作ったのは『人間』以外の何者でも無いのです…


その『人間』が『猫被害』、笑えます…
その原因を『誰』が作ったか?笑えます…



じゃあ、『何故』私がするのか?
さして『動物好き』でも無い人間が、貧乏してまでするのか?

答えは簡単人差し指サイン『誰も』しないからですよ「!!」
私の代わりに、私の目の届く範囲でする人が居れば、迷わずに任せますよ「!!」
でも、残念な事に『誰も』居ませんNG

だから私は『独自』の考えと信念の下『行動』するんです「!!」

とまぁ、こんな人間ですが人差し指サイン後は『マニアック』な映画と漫画、『宮澤賢治』をこよなく愛するオッサンですうっしっし(ネコ)

引き続き宜しくお願い致します平謝り
posted by 茶太郎 at 16:04| Comment(0) | 『エゴ』横目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。