2013年09月09日

『少し真面目に…』猫猟犬

『改正動物愛護法が施行、身勝手な引き取りは拒否』

処分される犬や猫を減らそうと、改正された『動物愛護法』が施行され、『飼い主』の身勝手な理由で『犬猟犬』や『猫猫』の引き取りを求めてきた場合に、『自治体』が拒否する事が可能と成りましたNG

……。
………。


イヤ、良いと思います、良いとは思いますが、では『身勝手』な飼い主は引き取りを拒否されたら…
『動物』をどうするのか?


そして、様々な論議が醸し出されております人差し指サイン
『ペットショップ』を規制すべき(キャッテリー等ブリーダー含み)
『野良』増長を予期し、要員を増やすべき
等々それはそれは沢山の無責任な言葉の数々です…

中でも『ペット税』を課すべき!との言葉…

そりゃね、単なる『御飾り』的な感覚でブランド思考で無責任な飼い主には有効かも知れませんよ、『ペット』を飼養するに当たり『税』を収めると成れば考えも少しは変わるでしょう人差し指サイン

然し『これ』を口にする輩は、飼養全てを『道楽』と思っている方で有り、真意に『命光るハート』を考えていないNGつまり、今『動愛法』の改正により皆が騒いでるから自分も何か言ってやろう!と、「上手い事言ったわ」位の考えの人でね、言わば『どうでも』良い人なんですよ!

仮に其処に『保護』に関しては免税等の『後付け』をしても、それはあくまでも『NPO』等を対象とした話で、私の様に『個人』とし活動する方には当てはまらないNG即ち『殺処分』対象を減らしたいと切に願いゴメン/お願い頑張っている(頑張ろうとする)人間の意欲を削ぐ結果と成るのです!
年々『若干』ながらも殺処分数が減少しているのは『飼い主』の考え方が変わりつつ有る事と、『団体』『個人』を問わず『命光るハート』の為に躍起となる方々の力で有り力こぶ『法』云々の力では無いのですNG

『しない』『やらない』『無関心』な方々は余り余計な事を口にしないで頂きたい言わざる
『活動』されている方々は、ク○の役にも立たず頼る事の出来ない、格好だけの『法』に任せてはおけないと躍起なのですから!

私はね『収容数』がMaxな為に満マーク現在は後方支援的な事しか出来ませんが平謝り今尚変わらずに『活動』される方々には頭が下がります平謝り平謝り


只でさえね、摂れる処から『摂る』的な思考の『国地図』なんですから(自分達の所得を年齢に見合う『一般水準』に引き下げる事は絶対にせず、数%~10数%のカットですら猛反対する様な奴等しか居ない腐れた国家、『一般水準』以続きを読む
posted by 茶太郎 at 12:22| Comment(1) | 『動物』の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。